QLOOKアクセス解析

へたれハイカーが行く…番外編 滝巡り -白玉の滝-

2016.06.21 (Tue)
菩提寺山の下山は

P6118062.jpg

白玉の滝へ~








菩提寺山 一応周遊コースとれるんんだよね~

2016062115570349c.jpeg

石油世界館より 菩提寺山へ その後一夜堀→へそ清水→白玉の滝→長畑の清水を経て戻れる

んじゃあ!行くでしょ(*^^)v

そこで問題が…

P6118022.jpg

山頂の広場には どこにも こっちが白玉の滝だよっ!ちゅう看板がないんだよね~

(・_・?)

iBooksに仕込んできた 上の地図を頼りに(心もとないが)たまたま居合わせた他の登山者の方と思案

この方もこちらはお初 

上の写真の左側から昇ってきたんで 対角のはずと行ってみると

P6118024.jpg

狭く草ぼうぼうの割には立派な手すりが(ーΩー )ウゥーン 方角的にはここしかないと思い

決めました!ここ行ってみます

若干の不安を残しながら出発

P6118025.jpg

これ食えんのかね?などと のんきに進んでいると

P6118026.jpg

道がドンドン立派になっていく これ登りじゃ無くていかった~C=(^◇^ ; ホッ!

P6118031.jpg

一夜清水に到着!一夜堀とへそ清水が合体したような名前 上の地図にはないが 大丈夫な気が…(^^ゞ

先を進みます

P6118030.jpg

なによりもフラットな道が勇気づけられます

P6118032.jpg

そして この看板で一安心C=(^◇^ ; ホッ!

ずんずん進みます

P6118035.jpg

臍清水 この斜面から水がわき出てます

P6118037.jpg

それが小さな川を形成

P6118038.jpg

桑の実?喰えたような…

P6118039.jpg

更に下っていくと…水量も多く

P6118044.jpg

大きな道へ

P6118045.jpg

車が通ってるなぁ 緊張感皆無 ノンビリ下ります

P6118047.jpg

もしかして ここが滝の上か? 折口を捜すもない さらに下ります

P6118049.jpg

草が生い茂って解りずらかったけど けもの道 下ってみます

P6118051.jpg

ドンピシャ!駐車場に到着

P6118053.jpg

白玉の滝 雌滝 到着~(*^^)v

P6118054.jpg

更に雌滝の脇の階段を上り

P6118056.jpg

更に進むと

P6118057.jpg

雄滝 到着~!

P6118061.jpg

水量すくな( ゚ ▽ ゚;)エッ!! この時期はしょうがないのかな

P6118063.jpg

すぐ脇に神社? こちらの滝は毎年1月に滝に打たれる 滝行があるんですよね

P6118066.jpg

マイナスイオン浴びまくりと言う訳にな行かなかったけど リフレッシュ

P6118067.jpg

石油の里へ (ー。ー)フゥ

P6118068.jpg

階段 

P6118071.jpg

途中さくら広場なるところが 来春桜の頃に来てみようか

P6118073.jpg

神社の境内の裏手に出てきた

P6118075.jpg

境内を通り

P6118077.jpg

無事登山口へ到着

P6118080.jpg

さあ帰ろう 足が痛いけどどうにか戻ってこれた ヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ バンザーイ♪

さあ次はどこ行こうかな?

楽しい山ハイクでした(^^)ニコ


PS.冬の雌滝はこんな感じです

DSCN0632.jpg

2012-01-22
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://kobav230.blog.fc2.com/tb.php/1090-111fe34a
トラックバック
コメント
koba*さん、山登りもするんですね!

ちょっと意外(笑)

登山後はやっぱりプシューでしたか? (^○^)
りんこ | 2016.06.21 22:11 | 編集
りんこさん!(^o^)/

やっぱり?40前のオレを知る人は

トレッキングどころかキャンプすることも意外と思ってるかと(^^ゞ

登山後は日帰り温泉とかに寄らずに一目散で家に

即効シャワー浴びてブシュー!です
koba* | 2016.06.22 07:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top
.new {color:red; font-weight:bolder;}